【本当に自己破産してもいいの!?】絶対にしておきたい自己破産のデメリット

自己破産申請中の生活

弁護士に自己破産を依頼すると弁護士は裁判所に自己破産の申立てを行います。

そして、自己破産の申立が承認され、免責を受ける事ができれば借金が0円になります。

この申立をしてから免責がおりるまで期間でいうと約3ヵ月前後かかるようです。長くて1年以上かかる場合もあるようです。

この申立をしているをしている期間の生活はどうなるのでしょうか。

贅沢や無駄な浪費は厳禁!

まず、自己破産を申請する事で借金の請求はとまります。ひとまず返済をする必要がなくなるという事です。

借金を返済しなくて済むわけですから月に何万円ものお金が浮く事になりますよね。自己破産をするくらいですから毎月、多額のお金を借金返済に回していたと思います。

この返済に回していたお金が浮く訳です。

しかし、だからといって贅沢をしてはいけませんよ。ここで贅沢をしてしまうとまたお金に困る事になり兼ねません。

借金癖がある方や浪費癖がある方は特に注意したいですね。

自己破産申請中は貯金する事もできますので、貯金をする事に専念しましょう。ある程度のお金が溜まるまでは貯金をした方がいいですよ。

自己破産をしたという事はもうどこからも借入をする事はできません。

お金が急に必要になった時にどこからも借りる事ができないのでいざという時のために貯蓄する事は大切ですね。

ある程度のお金を貯める事ができると気持ち的にも余裕ができますよ。

また、自己破産の申請を行った場合、裁判所に家計簿を提出する事になります。

この時に贅沢をしていたり、無駄に浪費をしていたり、ギャンブルをしていた事が裁判所にバレてしまうと免責が下りない可能性もでてくるので注意が必要です。

上記でご紹介してきたように申立から免責がおりるまでは一切、派手な生活や贅沢はしないでおとなしくしているのが一番です。

自己破産は最低限の生活は保障されているので普通に生活をしていれば大丈夫です。

先ほども述べましたが申立から免責がおりるまでは約3ヵ月前後になるのでこの3か月間は我慢をして大人しくしていましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓